グリーンコーヒーが海外のセレブの間で広まってスーパーフードとして人気が高まっていますね。

では普通のコーヒーとは何か違うか具体的にわかりますか?

今回はグリーンコーヒーの効果や効能と注目の栄養成分、飲み方やおすすめの商品を紹介します。

 

グリーンコーヒーとは?普通のコーヒーとの違いについて

収穫したコーヒーの実から果肉や皮をとると、フレッシュなコーヒーの種子が出てきます。

これがグリーンコーヒーです。

実際に見た目もグリーンですね。

このグリーンの生の豆を焙煎したものが、おなじみの茶褐色のコーヒー豆になります。

焙煎前のフレッシュな豆には、ファイトケミカル(植物栄養素)が豊富に入っています。

残念ながら、焙煎し熱を加えると香りは引き出されるものの、ファイトケミカルは減ってしまいます。

その中でも、コーヒーポリフェノールとも呼ばれるクロロゲン酸に関しては焙煎前の5分の1まで減少してしまうともいわれています。

クロロゲン酸の「クロロ」とは「緑」という意味であり、スピルリナやクロレラ、ミドリムシなどに多く含まれているクロロフィル(葉緑体)と同じ語源です。

グリーンコーヒーが緑色なのはクロロゲン酸がたっぷり含まれている証拠です。

それが茶色になるということは焙煎によってクロロゲン酸が減ってしまったからです。

つまりグリーンコーヒーは熱を加えないので栄養素がそのまま残り、同じコーヒーでもより高い効果が期待できるわけですね。



グリーンコーヒーの注目の栄養成分とカフェインについて

強力な抗酸化成分

コーヒーには強力な抗酸化成分のポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは何百または何千種類あるとも言われていますが、コーヒーに含まれている代表的なポリフェノールがコーヒーポリフェノールとも言われる「クロロゲン酸」です。

先程も紹介したようにクロロゲン酸は焙煎したコーヒー豆よりも5倍以上多く含まれています。

クロロゲン酸がダイエットや健康など多くの効果をもたらすために、グリーンコーヒーがスーパーフードとして注目されました。

クロロゲン酸は焙煎するとカフェ酸に変わります。このカフェ酸にも健康に良い効果(リラックス効果や動脈硬化の予防など)があるため、焙煎したコーヒーにも別の効果が期待できます。

そしてもう一つの代表的なポリフェノールが「タンニン」です。

タンニンは緑茶や紅茶などにも含まれている成分で強力な抗酸化作用があり、多くの効果や効能が期待されている成分です。

トリゴネリン

多くの植物に含まれるアルカロイドの1種です。

クロロゲン酸と一緒で高温で焙煎するとトリゴネリンが減ってしまいます。

そのため焙煎する際の温度を200度以下で浅煎りにするか、焙煎前にトリゴネリンをコーヒー生豆から抽出して、焙煎した後のコーヒー豆に再度還元した商品が「トリゴネコーヒー」として販売されています。

トリゴネリンは脳の神経細胞を活性化させるとして注目を集めていますが、焙煎前のグリーンコーヒーにたくさん含まれています。

食物繊維

グリーンコーヒーにはたくさんの食物繊維が含まれています。

豆の種類にもよりますが、グリーンコーヒーの成分の約半分が食物繊維という商品も販売されています。

朝一番でコーヒーを飲むことで、その日のお通じが良くなるかもしれませんね。

その他グリーンコーヒーにはカルシウムやマグネシウム、カリウム、鉄などのミネラルが多く含まれています。

一方でビタミンも一部含まれているものの微量です。

グリーンコーヒーにはカフェインは含まれている?

コーヒーに含まれている成分でパッと思い浮かぶのはカフェインですね。

カフェイン中毒」という言葉もあるように、カフェインはあまり良いイメージを持っていない人も多いですが、適量であれば

  • 覚せい作用
  • 脂肪燃焼
  •  集中力アップ
  •  片頭痛緩和の作用
  • 筋肉疲労緩和
  •  眠気をなくす
  •  脳卒中の危険を減らす

など良い効果が期待されている成分です。

ただし、過剰摂取してしまうと急性中毒症になる可能性があり、

  • 神経過敏
  • 興奮
  • 睡眠障害
  • 顔面紅潮
  • おう吐
  • 頭痛

などの症状が現れることがあります。

コーヒーで急性中毒というのはよほど短時間でがぶ飲みしない限り大丈夫ではありますが、寝る前に飲みすぎると眠れなくなるので注意が必要です。

※最近は寝る前にコーヒーを1杯程度であれば飲むと寝つきが良くなるとも言われています。

クロロゲン酸やトリゴネリンのように焙煎前のグリーンコーヒーにはカフェインが多く含まれているかもと心配なさるかもしれませんね。

実はグリーンコーヒーにはカフェインが焙煎したコーヒー豆よりも少ないのが特徴です。

もちろんコーヒー豆の種類にもよりますが、普通のコーヒーよりも10分の1という種類もあります。

そのため妊婦さんなどはカフェインについて気をつけて飲む必要がありますが、それ以外の人にはあまりカフェインの悪影響を心配しないで飲むことができます。




グリーンコーヒーの効果や効能について

ダイエット効果

コーヒーにはダイエット効果があると言われていますね。

それはクロロゲン酸とカフェインの脂肪燃焼効果によるものです。

ただし普通のコーヒーはクロロゲン酸が少ないのと、ダイエットのためにカフェインを摂るのはおすすめできません。

グリーンコーヒーであればカフェインが少なく、クロロゲン酸の影響によるダイエット効果が期待できます。

通常、身体に摂り込まれた脂質はミトコンドリアによって吸収され、エネルギーとなります。

脂肪をエネルギーに変換する作用には、ミトコンドリアの中にある「UCP1」と呼ばれるたんぱく質が担っていますが、クロロゲン酸にはこのUCP1の働きを活性化させる効果があるため、脂肪燃焼効果力がUPすると考えられています。

また、クロロゲン酸は糖質の吸収を緩やかにする働きがあり、余分な脂肪を溜め込むのを防ぎます。

脂肪の燃焼を促し脂肪を溜め込まないようにするダブルの作用で、高いダイエット効果が期待できます。

コーヒーの生豆にダイエット効果があると判明したのは、2011年です。

その後アメリカでは、未成熟の緑色のコーヒー豆から抽出したクロロゲン酸を利用したダイエットサプリメントが爆発的にヒットしました。

近年日本でも、クロロゲン酸を含むコーヒーが特定保健用食品の表示で販売されています。

クロロゲン酸が焙煎コーヒーの10倍以上!エクササイズコーヒーはこちらから

糖尿病などの生活習慣病や脂肪肝の予防

人の体内にある活性酸素はある一定以上に増えてしまうと老化が加速すると言われています。

活性酸素

  • ストレス
  • 加齢
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 不規則な生活(寝不足・暴飲暴食)

などといったなかなか避けられない条件により、年をとるにつれて過剰に増える場合があります。

すると過剰に増えた活性酸素の影響で細胞や血管の老化が加速すると病気にかかりやすくなってしまいます。

この活性酸素による老化を避けるためには生活習慣を見直すとともに抗酸化成分が多い食べ物を摂ることが必要です。

グリーンコーヒーにはクロロゲン酸やタンニンなどのポリフェノールが豊富に含まれています。

クロロゲン酸の働きは、

①血糖値を下げる

クロロゲン酸には「グルコース」というブドウ糖の一種の合成を抑える働きがあります。

血糖値は、炭水化物が分解されていく中でグルコース(ブドウ糖)に分解されるときに上昇するため、クロロゲン酸の作用によって血糖値が急上昇するのを防ぐことができます。

健康であれば、膵臓から分泌されるインスリンが血糖値の上昇を防いでくれますが、糖尿病を発症してしまっている方はインスリンの働きが鈍くなっている状態です。

インスリンに頼らずに血糖値を下げることの出来るクロロゲン酸は、近年、糖尿病の治療にも有効的であると注目されています。

また、オランダやフィンランド、そして日本でもコーヒーを毎日飲むと2型糖尿病の発症率が下がったという
研究が発表されています。

そして近年注目されているのが1日にコーヒーを2杯以上飲むと脂肪肝の発症率低下するという報告もあります。(三越総合検診センター所長の船津和夫医師による)

さらに国立がんセンターも「コーヒーを多く飲む人ほど肝がんを予防する」といデータを発表しています。

この報告では
「コーヒーを1日3杯飲むと肝細胞がんのリスクが半分になる」という結果も得られています。

これは普通のコーヒーについての研究報告ですが、もちろんグリーンコーヒーでも同様の効果が期待できます。

②悪玉コレステロールを減少させる

クロロゲン酸には、善玉コレステロールの機能を高めて、余分なコレステロールを肝臓に戻す働きがあります。

その作用により、血管内にある悪玉コレステロールの減少効果が期待できます。

悪玉コレステロールが増えすぎた状態が長く続くと動脈硬化を引き起こします。

動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞、狭心症などの病気を発症するリスクを高めるとされ、クロロゲン酸の作用が予防につながると考えられています。

また、タンニンも動脈硬化を予防する働きがあり、心臓病などの重病の予防にもつながります。

以前は「コーヒーは健康に良くない」というイメージがありましたが、さまざまな研究によりコーヒーの健康効果がわかってきています。

美肌・美白効果

活性酸素は細胞や血管の老化だけでなく、当然肌の老化も加速させてしまいます。

ですがこれもクロロゲン酸やタンニンなどの強力な抗酸化成分が肌の老化や紫外線などが原因で増えるシミやしわ、たるみ、そばかすなどを防いでくれます。

また、タンニンにはシミの原因であるメラニンの増殖を抑える働きもあり、美白にも効果的です。

クロロゲン酸・コエンザイムQ10が豊富に含まれているエクササイズコーヒーはこちらから

認知症・アルツハイマーの予防

脳の神経細胞を活性化させるトリゴネリンは富山医科薬科大学の教授によって発見されました。

動物実験ではありますが、生きたマウスを使ってトリゴネリンを含んだコーヒーを飲むことが認知症の改善に結びつく可能性があると証明しました。

認知症の予防だと中高年向けと思われるかもしれませんが、脳の活性化やカフェインの集中力アップ効果があるので仕事や勉強で疲れている時にコーヒーを飲むのもおすすめです。

その他のグリーンコーヒーの効果として

  • 便秘改善(食物繊維による効果)
  • 二日酔いの解消
  • うつの予防

なども期待されています。




グリーンコーヒーの副作用や注意点

このようにグリーンコーヒーには健康や美容に良い飲み物ですが、副作用はあるのでしょうか?

副作用は薬に使う言葉で食べ物には使わないので、グリーンコーヒーの副作用はありません。

1日2,3杯程度飲んだだけでは全く問題はありません。

ただしグリーンコーヒーに含まれるクロロゲン酸やタンニンの摂り過ぎは鉄分などのミネラルの吸収を妨げる働きがあります。

またクロロゲン酸は胃液の分泌を活発にする効果があるため、摂り過ぎは胃痛になる可能性、また便秘になる場合もありますが、グリーンコーヒーは食物繊維が多いので、それほど心配はありません。

クロロゲン酸のサプリメントでの摂取する場合は特に注意しましょう。

カフェインはグリーンコーヒーの場合は他のコーヒーよりも少ないので、それほど気をつける必要はありません。

ですが、どんなに健康によい食べ物や飲み物でも過剰摂取はダメです。

ダイエット効果があるからといって、ガブ飲みしたり、一日十数杯飲んだりと飲み過ぎには気をつけましょう。

グリーンコーヒーの効果的な飲み方!味はおいしい?

グリーンコーヒーの味

グリーンコーヒーは普通のコーヒーのような味を期待していると飲んだ時に違和感を感じるかもしれません。

お湯をお注いだ色は薄い緑なので緑茶のように見えますし、生豆なので大豆を飲んでいるように感じて苦手という人もいれば、ハーブティーみたいでおいしいという人もいます。

ただコーヒーの味もおいしいという人もいれば、苦手の人もいるので、グリーンコーヒーはおいしくないとは決めつけることはできません。

私は飲んだ時は少し豆を飲んでいるような感じはしましたが、苦手な味ではなくおいしく食べられました。

グリーンコーヒーを飲むときのお湯の温度は?

クロロゲン酸トリゴネリンは熱に弱いと紹介しましたが、普通のコーヒーのようにアツアツのお湯で飲むとこれらの成分の効果が薄れるのでしょうか?

クロロゲン酸やトリゴネリンは180~200℃位で分解されるといわれているので、熱湯(100℃)で注いでも問題はありません。

おすすめの飲むタイミングは?

①食事の30分前

グリーンコーヒーは、血糖値の急激な上昇や脂肪・コレステロールの吸収を抑える働きがあるため、食事の30分ほど前にグリーンコーヒーを飲んでおくと、食事をしても血糖値の上昇を緩やかにできるので、太りにくくなると考えられます。

②運動前

おすすめの摂り方

グリーンコーヒーの味が苦手という方は他の食べ物や飲み物に混ぜて飲むようにしましょう。

  • スムージー
  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • みそ汁

などに混ぜると飲みやすくなります。

  • 煮もの
  • 炒め物
  • サラダ

などに混ぜても食べ物の味を邪魔しないので健康のために入れて食べてみてください。



グリーンコーヒーの選び方とおすすめの商品

コーヒー専門店では最近グリーンコーヒーを扱うお店が多くなりました。

ただ普通のスーパーなどではまだまだ置いていないお店がほとんどなので、近くのお店にない場合は楽天やアマゾンなどの通販サイトでの購入がおすすめです。

グリーンコーヒーは普通のコーヒー豆のようなタイプとパウダータイプがあります。

パウダータイプは先程紹介したように色々な飲み物や食べ物に混ぜて飲むことができます。

特に初めての場合は味が苦手かどうかわからないので、お口に合わない場合に混ぜて食べることができるのでおすすめです。

できれば健康のためにも無農薬・無化学肥料で栽培されているオーガニックのグリーンコーヒーを選ぶようにしましょう。

おすすめ①「有機グリーンコーヒーパウダー

こちらはペルー産のグリーンコーヒーのパウダータイプです。

ぺルーの機関のオーガニック認定ではなく、日本のJASのオーガニック認定なので安心して飲むことができます。

150gのタイプがおすすめですが、初めての方はまず50gでお試しください。

Eco Foods R&R 有機グリーンコーヒーパウダー ( 150g) 

Eco Foods R&R 有機グリーンコーヒーパウダー  (50g)

おすすめ②「エクササイズコーヒー

こちらは公式サイトでは生コーヒー豆(つまりグリーンコーヒー)から抽出されたクロロゲン酸がたくさん含まれているコーヒーです。

焙煎した豆の10倍のクロロゲン酸を含んでいます。

さらに、

  • 脂肪の燃焼作用が期待されるL-カルニチン
  • 美容成分で有名なコエンザイムQ10

といったダイエットと美容効果が期待される成分も含まれています。

公式サイトで定期購入すると30回分を初回980円(送料無料)で購入できます。

普通は定期購入の場合は3回以上継続などの縛りがありますが、

エクササイズコーヒーはそのような縛りがなく、1回目飲んでみて合わないと思ったら2回目以降はキャンセルすることもできます。

ですが、それだけ商品に自信があるということなので、ぜひダイエットサポートとして、一度飲んでみてはいかがでしょうか?

公式サイト⇒125万杯突破!エクササイズコーヒー初回購入

まとめ

いかがでしたか?

グリーンコーヒーには

  • ダイエット効果・血糖値を低くするクロロゲン酸
  • 脳を活性化・認知症予防効果があるトリゴネリン

といった熱に弱い成分が多く含まれているので、普通のコーヒーよりも高い効果が期待できます。

逆にカフェインは少ないので過剰摂取によるカフェイン中毒といった心配もありません。

ただ薬ではありませんので、効果を期待したい場合は最低3ヶ月は続けてみましょう。

あなたもグリーンコーヒーを飲んでキレイに健康的にやせてみませんか?