チアシード 種

チアシードはスーパーフードの中でも
代表的な食べ物ですね。

海外のセレブから日本のモデルや女優さんも
美容や健康のために取り入れているのが
チアシードです。

今回は実際に作ってみて「おいしい!」または
ちょっと失敗かも」というチアシード入りの
食べ物や飲み物を紹介しますので参考にしてくださいね。

チアシードの定番の食べ方

チアシードは基本水で戻してから食べるのがおすすめです。

詳しくはチアシードの正しい食べ方!そのままだと発芽毒の危険があるの?
で紹介しているので参考にしてください。

①《チフレスカ》

海外で定番といえば「チアフレスカ」ですが
ご存知ですか?

おしゃれな名前ですがチアシードを水に入れた
だけの簡単な飲み物です。

本来「チアフレスカ」はチアシードを水に浸けて
ジェル状になったものを指しますが

チアシードを水やココナッツウォーターに入れて
さらにお好みでハチミツや、レモン(果汁)、

ライムなどを入れてお店で「チアフレスカ」として
提供しているところもあります。

水にチア―シードを入れて15~20分程度で
やわらかくヌルヌル状態になります。

私は外出するときに緑茶やウーロン茶を
水筒に入れて出かけますが、

チアシードを3つまみ程度入れて持っていくことが
多いです。

味も変わりませんし、食感がおもしろいので
一度試してみてください。

チアシードの1日の摂取量は「大さじ1杯」程度が
おすすめですが

※その理由はチアシードのカロリーや1日の摂取量について
を参照ください。

チアフレスカの場合も多くて大さじ1杯程度、
他の食べ物でもチアシードを摂るという人は
私のように数つまみ程度でも良いです。

水筒に水やココナッツウォーターを入れて
持っていく場合は、

チアシードが底に沈んでいるので
必ず振ってから飲んでくださいね。



②《チアシードを紅茶やコーヒー、ジュースに入れて》

チアシードは水以外にも温かくても冷たい飲み物
どちらでも合います。

チアシードに含まれる注目の栄養成分αリノレン酸は
熱に弱いのですが、

温かいコーヒーや紅茶に入れる程度であれば
全く問題ありません。

詳しくはチアシードの正しい食べ方!そのままだと発芽毒の危険があるの?
で加熱のことについても紹介しているので参考にしてください。

写真では熱い紅茶にいれたチアシードですが
少ししか見えないですね。

ほとんどのチアシードが底にたまって、
浮くのはほんの少しだけです。

スプーンなどかき回すものを用意してください。

また熱い紅茶やコーヒーにチアシードを入れても
しばらくは固い状態なのですが

やわらかくなるまで待つと今度は
飲み物が冷めてしまうので

お湯を沸かしている間にチアシードを
水に浸しておくことをおすすめします。

量はお好みで入れてみてください。
私は2,3つまみ程度にしています。

温かいスープやみそ汁に入れても大丈夫です。
その場合は火を止める少し前に入れるように
しましょう。

③《チアシードin ヨーグルト》

これはアメリカでも定番の食べ方ですね。

ヨーグルトにチアシードを浸けると
やわらかくはなるのですが

水のように15分程度ではなく、
数時間かかるので

夜のうちにチアシードをプレーンヨーグルトに
浸けて冷蔵庫に入れて朝食べるのがおすすめです。

このままだと甘さがないので健康のためにも
砂糖を入れるのではなく

季節の果物やオリゴ糖(はちみつ)などを入れて
食べましょう。

ヨーグルトにチアシードを入れたら、
そのままだと固まってしまうので、
しっかりとかき混ぜましょう。

  • チアシードに含まれる食物繊維
  • ヨーグルトの乳酸菌
  • 善玉菌のエサになるオリゴ糖

これらの腸内環境を改善してくれる成分を
同時に摂ることができるので

免疫力アップや便通改善の期待ができますね。

④《チアシードプリン》

通常プリンは牛乳に卵をいれるますが
チアシードプリンは卵を入れずに作ります。

これも海外では定番の食べ方ですが、
私は結構失敗します。

【分量】
チアシード:大さじ1杯
牛乳(または豆乳):60cc
オリゴ糖:適量

※オリゴ糖の代わりにはちみつや
メープルシロップもおすすめです。

作り方は容器に牛乳とチアシードを
混ぜて冷蔵庫に入れて一晩置きます。

食べる前にオリゴ糖やはちみつをかければ
できあがりです。

こんな簡単なレシピなのですが、
よく失敗します。

その理由は

①牛乳(豆乳)の量を間違えて増やして
しまうと、牛乳は固まりません。

ちゃんと60cc以上にならないように
しましょう。

②チアシードを牛乳に混ぜるとほとんどが
底に沈みます。

なので全体的に広がるようにかき混ぜてから
冷蔵庫に入れるのですが

結局時間がたつとまた底に沈んでしまいます。

夜に作って朝食べようとすると底の方に
カエルの卵のような状態のかたまりが
できていることが多いです。

そして上の部分は固まらず液体の
ままなので、

単に牛乳にチアシードを入れたものを
飲んでいるだけ
(しかもチアシードは底に沈んで固まった状態)

このようにならないようにするには
1時間おきに、かき混ぜなくてはいけません。

となるとやはり夜作って朝食べるというのは
あまりおすすめできませんね。

それにチアシードプリンといっても
一般的なプリンのような食感ではなく
ヨーグルトのような感じです。
(私が作るのがヘタなのかも)

ということで最近はヨーグルトにチアシードを
入れて食べることが多いです。

⑤《チアシードパンケーキ》

これも簡単ですね。

ただパンケーキ(ホットケーキ)のレシピに
チアシードを入れるだけです。

まず牛乳と卵をチアシードを入れて混ぜます。

チアシードがやわらかい方が良い場合は
ここで少しそのまま置いて(20分程度)

それからパンケーキミックスを入れて
混ぜて焼くだけです。

チアシードの黒いつぶつぶは見てわかるのですが
やわらかくしてから焼くと、

ほとんどチアシードの食感がわかりません。

チアシードのヌルヌルやつぶつぶの食感が
苦手の人におすすめです。




⑥《チアシードドレッシング》

「チアシードをサラダに生でそのままかける」
という食べ方を紹介しているところがありますが

そのままよりも水に浸した方がよいので
それをサラダにかけても良いですが

手作りドレッシングに入れて食べるのが
おすすめです。

【分量】

チアシード   :小さじ2
グレープフルーツ:1/2個
オリーブオイル :大さじ3
白ワインビネガー:大さじ3
砂糖        :  小さじ1
塩       :少々
粗びき黒コショウ:少々

チアシードを10倍程度の水に浸したあとに
全ての材料をボウルに入れて混ぜ合わせるだけです。

容器に入れて冷蔵保存すれば、サラダを
作るたびにいちいち水で浸すよりも

チアシード入りドレッシングをかけるだけなので
簡単ですね。

ドレッシングは冷蔵保存で1週間程度で
使い切るようにしましょう。

まとめ

無味無臭のチアシードは何でも合います。

また熱に弱いと紹介している記事もありますが
高温の揚げ物や何時間も煮込むという
料理でなければ、

スープやみそ汁など温かい食べ物に入れても
大丈夫です。

スーパーフードで1番人気だけあって
美容や健康に良い成分がたくさん含まれているので

色々な料理に入れたいところですが
大さじ1杯(多くても2杯)が適量なので
食べ過ぎには注意してくださいね。

※詳しくはチアシードのカロリーや1日の摂取量について
を参照ください。